有料老人ホームの選び方|住宅型有料老人ホームへの入居を考えているなら情報収集をしておこう

有料老人ホームの選び方

介護施設

設備と環境で決める

住宅型有料老人ホームで重要なチェックポイントの1つが設備と環境です。施設内に日常生活を快適に過ごすための設備が整っているか、施設内は移動がしやすいか、高齢者が快適に過ごすための工夫がされているかを確認しましょう。また施設の新しさに限らず建物内がキレイなところは掃除が行き届いているので安心して利用することができます。また、建物内だけではなく、周りにスーパーやサービス施設、自分の行きたいタイプのお店があるか、も確認しておくと日常生活を過ごす際に快適かどうかが分かります。

ケア内容で決める

広島には多くの老人ホームがありますが、老人ホームによって介護のサービスやケア内容が大きく変わります。介護スタッフは常駐しているか、介護はどこまでしてくれるのか、健康チェックや緊急の際の対応なども知っておく必要があります。ケアが手厚い施設はより安全ですが、その分入居費用も高くなる傾向にあるので、入居費用との折り合いも考えて施設を決めるようにしましょう。このケア内容は細かいところまで知っておいて損はありません。入居前に必ず詳しいサービスをスタッフの方から聞くようにしましょう。専用のパンフレットなどがあればもらっておきましょう。入居者個人だけではなく、周りの家族とも話し合って決めるとなお良いでしょう。

入居条件と費用で決める

やはり最も気になる点がお金の面です。有料老人ホームの入居費や月の家賃はピンキリで、手軽に払えるものから数千万円かかるものまで大きな幅があります。施設やスタッフの質が良くても価格が高いとそれだけで生活は苦しくなります。予算をあらかじめ決めておいて入居費や月の利用料金が費用内に収まるようにしましょう。また、入居条件でも入居できるかできないかが変わってきます。年齢や要介護度などで入居可能な人が施設によって細かく決められています。気になる施設候補がある方は問い合わせをしてみて自分が入居できるかどうか確かめてみましょう。

慎重に決めよう

有料老人ホームは慎重に決めることが一番大切です。広島だけでも多くの施設があるので候補の1つがダメだったとしても、諦めずに次の施設を探してみるようにしましょう。きっとあなたに合った介護施設を見つけることができます。