住宅型有料老人ホームとは

レディ

増えている住宅型有料老人ホーム

近年、広島でも増えてきている住宅型有料老人ホームについて説明します。住宅型有料老人ホームとは、介護が必要な高齢者を受け入れる施設のことです。民間企業が運営している場合が多いです。住宅型有料老人ホームは、住宅型という名前の通り、普通の有料老人ホームと違い、基本的に自宅で住んでいるような環境を優先しているタイプの老人ホームです。そのため、老人ホームに行きたいけどあまり縛られたくないという方には最適なタイプといえます。

入りやすい住宅型有料老人ホーム

有料老人ホームは地域や介護レベル、定員によって入居が困難な場合があります。しかし、住宅型有料老人ホームは、条件も難しくなく年々施設数は増加の傾向にあるので他の介護施設に比べ入りやすいという特徴があります。とはいうものの、施設によって入居条件や定員、料金は変わるので老人ホームへの入居を検討している方は、インターネットなどで事前に調べてみましょう。

住宅型の検討をしてみよう

介護施設にはいくつもの種類がありますが、住宅型有料老人ホームは数ある施設の中でもメリットが多いことが特徴です。どの施設に行くか迷っている方は、住宅型のメリットも読んで、住宅型有料老人ホームについて検討してみてはいかがでしょうか。

住宅型有料老人ホームのメリット

レクや設備の充実

住宅型有料老人ホームは、介護が必要な高齢者のために立てられている建物なので、高齢者に必要な設備が充実しています。また、レクリエーションなどのイベントを行うところもあり高齢者にも安心して生活を楽しんでもらえる工夫がたくさん施されています。

介護付きよりも安い

住宅型有料老人ホームはよく介護付き老人ホームの施設と比較されることがあります。介護付き老人ホームでは、24時間スタッフがいるため、いつでも安心して介護サポートを受けることができますが、その分施設の利用料金が高くなってしまいます。在宅型有料老人ホームでは、常にスタッフの助けが必要ない方にとっては、安く利用することができるのでオトクです。

施設の種類が豊富

住宅型有料老人ホームは、介護付き老人ホームとは違い、自宅に住んでいる感覚を優先させているので施設の種類が豊富です。例えば高級ホテルのような雰囲気の建物があったり、あまり移動したくない方のためにリビングやキッチンが小ぢんまりまとまっているものもあります。

介護サービスを選べる

住宅型有料老人ホームは、介護サービスを選べるという大きなメリットがあります。例えば、介護付有料老人ホームの場合は、その施設で働いているスタッフが介護のサポートをしますが、住宅型の場合は、外部の介護サービスに頼む必要があるので、評判の良い自分の好きな介護サービスを選ぶことができます。